So-net無料ブログ作成

GARMIN ForeAthlete 245 [小物]

愛用のGARMIN ForeAthlete 645 Musicが壊れてしまいました。ランから戻り、腕から外そうとした時に、ベルトが本体の取り付け部分から外れてしまい、見てみたところ、本体側が割れていました。

IMG_9006.jpg


保証期間も過ぎているので、修理に出しても有償。調べてみたら、おそらく本体交換で15,000円以上かかりそう。

最近、fenix 6シリーズが発売になり、6S が軽量でランニングにも使えそうだったので、これを買えということか(笑)と、前向きに (?) 検討。サイズはほぼ ForeAthlete 645 と同じ、Sapphire であれば地図もも表示できる、ということで、高額ではありますが、貯まっているヨドバシのポイントを使えばそれなりの出費に抑えられるので、ほぼ、決心して、改めて、カタログを確認したところ、本体の重量が61gと、645 Music の 42.2g と比べて、若干、重い…。これくらい誤差のうち、と思いたいのですが、フルマラソンの距離、時間、腕を振り続けることを考えるとやはり心配です。

重量重視となるとラン用の ForeAthlete シリーズかな、ということで、とりあえずの繋ぎとして価格を抑えめに、645 との機能の差が少ない、というところで、この夏に発売となった 245 を使うことにしました。645 は音楽再生機能のある Music にしましたが、実際、音楽は iPhone で聴いているので、今回は Music 無しのモデル。

P1177614.jpg


パッケージの中身はシンプルで、本体と充電ケーブル、保証書と簡単な説明書。

P1177616.jpg


GARMIN の充電ケーブルは機種ごとに違っていて、困りものでしたが、最近のものはすべて同じのようです。ケーブルを本体に刺して充電するようになっています。

P1177629.jpg


本体の大きさはほぼ 645 と同じで、画面の大きさは1.2インチ、240×240ピクセルと同サイズです。

P1177621.jpg

P1177623.jpg


ベルトは Black と Yellow がありますが、645 と共通なので、持っていない Yellow にしてみました。が、やはり落ち着かないので Black に付け替えました。

P1177627.jpg


工場出荷時の時計の画面はこんな感じ。

P1177633.jpg


情報量としても十分で、見た目もよく、気に入っています。

機能面での差として、弱いところは

  • 追加できる画面の数が3ページと少ない
  • Music モデルでないと Wi-Fi がない
  • 気圧高度計がない
  • 乳酸閾値の測定ができない
  • トレーニングメニューにLTペース走がない
  • Garmin Pay (Visaの電子マネー) がない


で、ほとんど問題ありません。気圧高度計がないところが残念なところでしょうか。走った時の高低差が記録できると嬉しいですが、これは諦めることにします。

追加された機能としては

  • Body Battery の機能がある
  • セーフティ機能がある


です。Body Battery も vivosmart 4 で測定できるので、全く新しい機能はセーフティ機能のみ。この機能は、デバイスが衝撃等で事故が起きたと判断した場合に、アプリで設定されている連絡先に自分の位置を伝えるというものだそうです。とりあえず、後ほど、設定してみることにします。

今回、いろいろ悩んでみて、改めて GARMIN のシリーズの構成が複雑化しているように感じたので、時間のあるときに、整理してみようと思います。


GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ ForeAthlete 245 心拍 歩数 防水 【日本正規品】

GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ ForeAthlete 245 心拍 歩数 防水 【日本正規品】

  • 出版社/メーカー: GARMIN(ガーミン)
  • メディア: スポーツ用品



タグ:GPS GARMIN
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。